藤原 恭子
Kyouko Fujiwara
Schedule
『ふわほわ☆ホワイトクリスマス』展   

久々の個展です。触って遊べるインスタレーション、想いっきりくつろぎにいらしてください!!
ワークショップもご参加お待ちしています。
               
会期    2012/12/1(sat)〜12/25(tue)
場所    アンデルセン公園 子ども美術館 エントランス*地中館/船橋 (個展)    http://www.park-funabashi.or.jp

〜ワークッショップ〜
日時     12/9(sun)10:00〜*13:00〜(2回)
場所     子ども美術館内 談話室 
内容     ふわふわの羊毛をま〜るくしたり、くっつけたり、つなげたり〜さ〜て何ができるかな?


『 おくりもの展 』

展示だけでなく、ブローチやアクセサリー、モビール等ご用意しております。
大切な方などへの贈り物や自分へのご褒美に〜

会期   2012/12/5()~1/15()  
場所   hygge/船橋(4人展/展示販売)
http://www3.plala.or.jp/hygge/hygge.html



子ども美術館は遠足な気分で〜そしてお帰りの際にはhyggeで、美味しいお食事と作品達と、楽しい時間をお過ごし下さい 
**************************************


見る、触るまでは私からの提示
その先は、あなたの心と作品のコラボレーション。
あなたの心が動き出した時、私の作品は完成となる。


**************************************


メッセージ


光は強い抵抗感をもたらす事ができるが、弱々しく虚ろにみせることもできる。
それは儚さにも通じ、闇へとつづく…

水はなめらかで美しく、優しく私達を癒し生活に潤いを与えてくれる。
反面、水は色々な物を呑み込みどす黒く、大きくうねり私達を怯えさせ
脅かす。
それは水の静と動、光と闇である。

それらは私達の心にも存在する。
私達の心はどんなに守られていても、どんなに暖かい所にいても
心の奥底に生まれてしまう闇の種。
でも闇の種は、周囲の暖かい想いや愛に気付いた時、優しく美しい水が湧き
あなたの心に美しい花をひっそりと咲かせる。


私の作品に触れ包まれる事で、あなたの心の闇が少しでも薄れ、あなたの心に
優しい水が広がりますように。


**************************************

略歴
1972  千葉県市川市生まれ
1995  多摩美術大学卒業
1997  多摩美術大学大学院修了

個展
2004  すみか展/マキイマサルファインア−ツ 新橋
2005  すみかvol.2/マキイマサルファインア−ツ 新橋
2006  すみかvol.3/b:stile 舞浜
2007  すみかvol.4/楽庵 深川
2008  すみかvol.5/ギャラリーコピス 深川
2009  すみかvol.6/ギャラリーコピス 深川
グループ展.その他
2003  おとなとこどもチャイルドライク展/船橋アンデルセン公園 子ども美術館 船橋
2004  slowslow展/タンポポカフェ 津田沼
      こどもTシャツファクトリー展/船橋アンデルセン公園子ども美術館 船橋
2005  カメ展/キッコーマンギャラリー 新橋
      はなみずき誰でも街角ア−ティスト/エガシラフラワー 深川
      Tシャツ展/ソムニ 海浜幕張
2006  もくもく展/夢卵 西荻窪
      きさらぎコンサート10(鈴木たか子.安達元彦ピアノ演奏会)/武蔵野公会堂 (吉祥寺)
      はなみずき誰でも街角ア−ティスト「咲」/K'Sカフェ 深川
      空色の街展「もくもく小屋」/船橋アンデルセン公園子ども美術館 船橋
      冬じたく展/夢卵 西荻窪
2007  ム−ブ展びよんびよん丘/船橋アンデルセン公園 子ども美術館 船橋
      絵本展「子ども部屋」/楽庵 深川
2008  シ−ド展/ギャラリーコピス 深川 
      はなみずき誰でも街角ア−ティスト/深川資料館通り商店街 
   little EXPO展/AMULET(神保町) 
2009  もくもく展/中之条ビエンナーレ(群馬)
2010  住処展(2人展)藤原恭子+森勢津美/hygge(船橋)
      風/pazzle hair(船橋) 
2011  夢美エンナーレ入選
      夢美エンナーレ入選作品展/八王子市夢美術館
      森家湖/船橋市民ギャラリー
2012  hygge de Tシャツ展/ビアキッチンhygge(船橋)                             
      森家湖〜木漏れ日のなかへ〜/船橋市民ギャラリー
   
コンセプト
『自分を演じることが大人になるということ』
自分を演じる…?
小さな棘が私の心に突き刺さる。

大人になっていく時に、置き去りにしなければいけなかった色々な気持ち。
今も心の中に密かに隠れていたりする想いでもある。
普段は忘れていて、必要としない時もあるが、
知らずのうちに心は、渇いてくる…
渇いたことにも気付かず心にヒビを作りながら自分を演じた続けた時
自分で自分を壊していってしまう…

私の作品に触れ包まれた時
自分の心の奥底におし込んである叫びにに気付くきっかけになれたら…と
心から願う。

『あなたは何を置き去りにしてきましたか?』